Nizi Projectから学ぶ友情と仕事観

せんです。

今回は、今年TV番組「スッキリ」でも取り上げられ大きな話題を呼んだ
「Nizi Project」について
(韓国にあるJYPエンターテイメントとソニーミュージックの日韓合同の
グローバルアイドル育成のためのオーディション)

見所や楽しめるポイントではなく
(こちらは多くの人が書いているかと思うので見て頂いたり、
 そもそも自身で見て実感いただければと思います)

韓国に渡ったメンバーの凄さやこのプロジェクトの凄さ

を実感した場面についてお伝えできればと思います。

ちなみにプロデューサーは餅ゴリこと「J.Y.Park」さん

ちなみに話はそれますが、正直この人凄すぎます・・・
優れたプレイヤーであり、アーティストであり教育者であり…
J.Y.Parkさんだけに注目するだけでも大きな学びと気づきが得られるかと思います。
1つ例を挙げるとするならやはり、的確かつ愛のあるFB。
事実を切り離してお伝えしてもらえるのでスッと受け入れられるのではないかと思います。
J.Y.Parkさん目線のNizi Project特別版とか見てみたいですね!

それでは早速本題に入っていければと思います。

現在Huluで予選からデビューまで一気に見ることができます。
(自身も夏休み期間で一気見しました笑)
もし気になった方は無料体験期間もあるので是非見てみてください Hulu

 

プロジェクトの凄さについて

まずはそもそもこのプロジェクトの何がすごいのかについて
私なりの考察をお伝えしていければと思います。

現代ニーズを捕らえた配信方法

これについては、もう言葉の意味そのままです。
今現代は”TVでゆっくり何かを見る”行為自体はほとんどなく、
スマホで調べて興味を持ったら、
それが見れるプラットフォームにいき、
それを移動中とか隙間時間で見る。
が主流だと思っております。(ドラマとかは家でじっくり見たい派ですが・・・笑)

そのニーズに逆らわず、TVで集め、YouTubeで集め
Huluで一気見してもらうという流れ。

これによりどこでもスマホ1台で見れる状況を作り出し
より広い人にリーチできたと思います。

途中経過を公開する(透明性)

これも言葉通りですが、透明性をできるだけ持たせる。
これにより、途中で推しが変わっていったり、誰が残るかを予想したり
オフモードを見れてファンになったり・・・
多くの楽しみ方を生み出す仕掛けだと思いました。

別アーティストのファンを引き込む(ファンを連鎖させる)

これ結構考えすぎかなと思うこともあるのですが・・・
本当のファンってどの時間・番組に自分の好きな人が出ているかを把握し、
追いかけているのかなと。
そして、追いかけた先に新たなアイドル・グループの卵を知る。
結果として、ファンになる。
そんな連鎖が起きていく仕掛けだなと思いました。

メンバーの凄さについて

次に1万人以上の応募者の中から見事勝ち抜き、
韓国行きの切符を手にした13人のメンバーの凄さについて
お伝えしていきます。 

愚直なほどの素直さ

韓国遠征では1ヶ月ごとに、いわゆる審査がありました。
そこでJ.Y.Parkさんやスタッフからアドバイスをもらう。

普通仕事をしていると、上司含む色々な人からアドバイスをもらうことがあると思います。
その時には
・自分はやっている
・やろうと思っていた
などなどなかなか素直にそのまますべての言葉を受け取ることは難しいと思います。

しかし虹プロメンバーたちは、愚直に言われたことを実践します。
もちろんJ.Y.Parkさんの伝え方が良いからという理由もあると思いますが、
素直な心で受け止めて、真摯に行動していきます。

そして、やはりプロから客観的に伝えてもらったアドバイスは
成長のステップアップのための最大最速の近道であることが多いんだと思います。
(ダンス・歌については詳しくないためここの真偽はわかりませんが・・・笑)

プライドがないためではなく、自身の夢を叶えるという強い目的があるために
ここまで真っ直ぐに行動できるのではないかと思います。

内省と言語化

上に関わることですが、
自身の夢を叶えるという強い目的があるからこそ、
しっかり振り返り言語化する。

J.Y.Parkさんからの問いかけで、何故ですか?どうしてだと思いますか?
と聞かれた時に自分なりの考えを導き出し(内省し)
人に伝わるように言葉を選びながら言語化する。

この行為によって、自信を客観的に見ることができ
何がよくて何を改善すべきかを確認でき
成長のための選択をとれているのだろうと感じました。

さらけ出す力

アドバイスをもらうことにより、最速で成長できます。
ただアドバイス、何に困っているかとかどこで詰まっているのかなどがわかることにより
することができます。

そこで大切になってくるのが
「さらけ出す力」

できないこと・困っていることを自信を持って伝える・発信すること
でよりその人のためのアドバイスをもらうことができるのだと思います。

(もちろんさらけ出すことができる心理的安全性が保たれた
環境は前提大切だと思います。)

ライバルであり、友である事の体現

これが一番感動したポイントです。

虹プロのメンバーはあくまで、
デビューするためのライバルになります。

時にはチームで戦うメンバーとなり、
デビュー後は仲間となりますが、
あくまで今はライバルです。

そんな環境下では、
成功を妬み失敗を喜ぶ心情になっても不思議ではありません。

ただこのメンバーは違います。
苦しみや失敗を共に嘆き、
成功を自分のことのように涙を流して喜ぶ。

純粋な心に非常に感動しました。

好きなことを仕事にするということ

最後に、今の時代よく聞く言葉である
「好きなことで生きていく」「好きなことを仕事にする」
ことについて今回のプロジェクトを通して
感じたことをお伝えできたらと思います。

「好きなことで生きていく=楽して生きていく」ではない

好きなことで生きていくって、楽しい・楽な人生だと思われがちですが
そんなことはない。
戦いの連続であるということを今回のプロジェクトを見て実感しました。
その理由を2つ下に書きたいと思います。

好きなことを追い続けるしんどさ

好きなことだからこそ、程よく好きなままで終わりたい。

例えばケーキ。どんなに好きでも毎日吐きそうになるまで食べていたら
ケーキ好きの人でも好きなままでいれるかはわからないと思います。

好きなことを仕事にするということは、
苦しくなって好きじゃなくなりそうになることがあっても
なお、それでも毎日ケーキを食べ続ける行為そのものだと思います。

妥協も許されない、決して楽な道ではないと思います。
それでも追い続けられるほど好きな物を突き詰めるからこそ
スポーツでもアーティストでも人を感動させることができると思います。

好きだからこそ言い訳できない

そしてこれはそのまま。
好きだからこそで始めたことだから。
ずっと付き纏う言葉だと思います。

そのプレッシャーに立ち向かう覚悟が必要です。

私なりの考察にお付き合い頂きましてありがとうございます。
様々な意見・ものの見方があると思いますので
ぜひ違った見方・考え方がありましたら教えていただければと思います!

それではまたの機会に会いましょう!

最後に、これを見て少しでもNizi Projectを見たいと思った方は
Huluがおすすめです!
無料体験期間で一気見も可能なので土日や夏休みなどに是非!
⚠︎面白すぎて他のことに注意がいかなくなりますのでご注意ください。
Hulu

この記事は随時加筆・修正していきます。

スポンサーリンク



コメントを残す